sdgs_kv

SDGs週間

ブリタの浄水器でSDGsに取り組んでみませんか?

9月25日は、国連でSDGsが採択された日でGlobal Goals Dayと呼ばれます。毎年、この日を含む1週間を「SDGs週間」として、持続可能な開発目標(SDGs)の推進と達成に向けて意識を高め、行動を喚起するイベントが世界中で開催されています。

ブリタの取り組みとSDGs

ブリタでもいくつもの環境への取り組みを行っています。

sdgs_img_01_sp

ブリタではSDGsの17の目標のうち、6つの目標について取り組んでいます。

SDGsの17の目標の中の「17. パートナーシップで目標を達成しよう」に関係する取り組みをご紹介します。

「BRITAグリーンプロジェクト」では、NPO法人ドングリの会と共に、豊かな森づくり、水づくりを目指し、共に取り組んでいます。

また今回、包括連携協定を締結した京都府亀岡市と無料給水アプリmymizuを提供する一般社団法人Social Innovation Japanと共に、イベント「BRITA Japan株式会社×mymizuチャレンジin亀岡」を開催します。

「mymizuチャレンジ」では、参加者は個人又はチームを作って参加し、マイボトルで給水するたびにmymizuアプリに記録していき、どのくらいペットボトルを削減できるかを競い合います。「mymizuチャレンジ」はゲーム感覚で、楽しめます。

このようなペットボトルの削減は、日常でも手軽で取り組める環境への取り組みです。

例えば、毎日飲むお水をブリタの浄水器に替えるだけ。あなたはどのくらいのペットボトルの削減ができるのか、見てみましょう。

BRITAを使って環境保護

BRITAを使うと、ゴミやCO2をどのくらい削減できるでしょう。

毎日どのくらいの水を飲みますか?

1 L

2 L

3 L

4 L

5 L

年間に出すゴミの量

ペットボトル

MAXTRA+(マクストラプラス)カートリッジ










{{values.kgbottle}}kg









{{values.kgfilter}}kg

BRITA MAXTRA+カートリッジを使用することで、年間{{values.kgdifference}}kgもゴミを減らすことができます。

以下の計算に基づく比較:1.5Lペットボトル(0.035 kg)とMAXTRA+カートリッジ(0.149 kg)、四捨五入した値、2017年11月の数値

年間に排出するCO2の量

ペットボトル

MAXTRA+(マクストラプラス)カートリッジ










{{values.co2bottle}}kg









{{values.co2filter}}kg

BRITA MAXTRA+カートリッジを使用することで、年間{{values.co2difference}}kgもCO2排出量を減らすことができます。

以下の計算に基づく比較:1.5Lペットボトル (194 g CO2/L) とMAXTRA+カートリッジ(7 g CO2/L)、四捨五入した値、2017年11月の数値

持続可能性を高め...

-{{values.kgdifference * counterAnimation | round}}kg

-{{values.co2difference * counterAnimation | round}}kg

...環境を保護。

算出根拠は同等の消費量と比較、四捨五入した値、2017年11月の数値

ブリタを使いペットボトルを削減することは、SDGsの17の目標の中の「14. 海の豊かさを守ろう」と関係します。

「14. 海の豊かさを守ろう」は、このまま持続的に海や海の資源を利用し続けるためにこれらを守っていこうという目標になります。ペットボトルの削減によってプラスチックごみを減らせれば、それが「海の豊かさ」を守ることになります。

それは自らの行動が地球環境に結びついているということ。小さな行動でも十分に有意義で、大切だということなのではないでしょうか?