BRITA coffee couple drinking coffee

コーヒーのいれ方:おいしさの秘訣

毎日味わう楽しみ

BRITA coffee coffee beans

毎日の儀式であり喜び、そして生活の一部であるコーヒーは、長らく私たちの生活のアクセントになってきました。愛好家とエキスパートは高級な豆、高価なコーヒーメーカー、そして自動コーヒー用の機械が重要だと主張します。それでも、水によってコーヒーの味が変わることは誰もが認める点です。

15世紀に世界中でたしなまれるようになって以来、コーヒーは毎朝、人々の朝の目覚めを手伝ってきました。長い仕事の一日をこなし、買い物の最中に持ち歩き、心あたたまる夕食の最後を飾る役目を果たしてきました。一日を計画建て、文化と人々をつなぐ上でも役立ちます。

完璧なコーヒー

エスプレッソ、アメリカン、カプチーノ、アイスコーヒー – マグカップ、フランス式のボウル、携帯用カップなどに入れて楽しめます。コーヒーの種類は多々ありますが、コーヒーの飲み方はライフスタイルによって異なります。味はコーヒー豆と水によって決まります。

一杯のコーヒーは約98パーセントの水でできています。水が味におおいに影響することを考えれば、これは多大な量です。水の中にはミネラルのほかにも、水アカや塩素などの物質が含まれている可能性があります。このような物質はコーヒーの味を損ない、高級なアラビカ豆の特徴的な芳香でさえゆがめてしまいます。コーヒーのプロは、新鮮な水を使うのが一番のコーヒーのいれ方だと知っています。

BRITA coffee latte macchiato

コーヒーの約98パーセントの成分は水

ろ過した水でコーヒーの味を向上

浄水器は水中の水アカを減らし、塩素や塩素化合物のような味に影響するその他の物質も減らします。結果:よりクリーンで新鮮な味の水が生まれ、つまりコーヒーがもっとおいしくなるのです。

コーヒーの伝説

BRITA coffee women in kitchen drinking coffee

コーヒーの発見は伝説に埋もれています。アラビアのヤギ飼いの少年が、特定の実を食べたヤギは元気よく戯れていることに気付いたという話もあれば、僧侶が試した実があまりにも苦かったので火に投げ入れたという話もあります。すぐに豊かな香りが鼻をくすぐります。魅了された僧侶が焼けた豆を煎じて飲んでみました。その日から早朝のお祈りでも彼らは疲れることがありませんでした。

コーヒーメーカーとキッチン器具の新たな命

国際的なバリスタは、ろ過した水を信奉しています。顧客のためにコーヒーの味をよくするだけでなく、コーヒーメーカーや自動コーヒーマシンに水アカがたまるのも防ぎます。これにより修理費用とイライラも低減できます。

さらに、器具の寿命が延びて、磨きこまれているように見えます。これは、コーヒーショップでもご自宅でも同じように魅力的な要素です。

コーヒー豆知識

  • 1本のコーヒーの木は毎年、0.5~0.8キロのコーヒー豆を生産します。
  • 2つの主要なコーヒーの種類はアラビカ種(Coffea arabica)とロブスタ種(Coffea canephora)です。
  • 世界一のコーヒー輸出国はブラジルです。
  • 複数の種類のコーヒーが混ざっているものはブレンドと呼ばれます。
  • 高高度コーヒーは標高900~1200メートルの場所で栽培されます。
  • 世界で最高のコーヒーのひとつは「コピ・ルアク」と呼ばれます。この豆はインドネシアに生息するジャコウネコ(ルアク)の消化器官で発酵されます。
  • 世界で最もコーヒーの消費量が多いのはフィンランド人です。