hardness_kv

日本の水道水の硬度は?

硬水と軟水とは

お水を表現するときに、「硬い」「軟らかい」と表現されることがあります。この水の硬さ、軟らかさというのは、水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量によるもので、水の性質を表すもののひとつとして、「硬度」といいます。日本の水道水の硬度はどのくらいなのでしょう。

日本の水道水の硬度は?

硬度とは、水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を表したもので、いわゆる軟水と硬水を分ける指標を指します。硬度を分類するにはいろいろな基準がありますが、世界保健機構(WHO)の基準では、硬度120mg/L未満が軟水、120mg/L以上が硬水とされています。

では、日本の水道水の硬度を見ていきましょう。

日本の水道水の硬度の場合
hardness_01

平成30年度 水道統計 水質分布表(浄水(給水栓水等))平均値によると、日本の水道水は、8,271の計測地点のうち、95%を占める7,917の地点で硬度100mg/L以下の「軟水」と呼ばれるものであることがわかります。さらに、66%にあたる5,514の地点では、硬度50mg/L以下となっています。水の硬度は、地域によって異なり、また表流水、ダム湖沼、地下水など、原水の種類によってもやや異なります。

日本の水道水質基準とは?
hardness_02_sp

次に日本の水道の水質基準を見ていきましょう。日本の水道の水質基準には様々な項目があります。硬度に関する水道水質基準は、硬度が高いと石けんの泡立ちが悪くなることから300mg/L以下となっており、硬度が低すぎても、水道管に対する腐食性が高くなります。また、おいしさの面から水質管理目標設定項目として、10〜100mg/Lが設定されています。

さらに生活する上でよくある事象としては、「水アカ」があると思います。いわゆる「水アカ」はスケールといい、家電製品(電気ケトルやポットなど)に白く残る物体のことを指していて、これは、水道水に含まれるミネラルが原因とされています。すなわち、硬度が高いと、より「水アカ」が発生しやすくなるということになります。

水の硬度は低すぎても、高すぎても、生活する上で不便が生じるんですね。また、硬度は味に大きく影響するので、おいしさの観点の基準があるのも安心できますね。