飲料水の浄水

BRITAの浄水システムでは通常、活性炭と、飲料水の最適化に特に適したイオン交換樹脂を採用しています。
おいしい水をお届けすることだけを重視したフィルターには、純度の高い活性炭による浄水技術を取り入れています。

BRITA浄水器の仕組み

BRITAの浄水器は、水道水を最適化し、温かい飲み物や冷たい飲み物、料理をするのに理想的な水をつくるので、最適化されたBRITAの水で紅茶やコー ヒーなどの温かい飲み物を淹れると、豊かな香りが際立ちます。また、水を沸騰させる機能を備えたキッチン家電に、水アカが付きにくくなります。BRITA 独自の浄水器には、次のようなメリットがあります。

  • 水道水の硬度(水アカ)が減少します。
  • 遊離塩素と結合塩素の濃度が(水に含まれている場合)減少します。
  • 鉛・銅製の給水管を設置した場合に増えることのある、給水管内の鉛と銅の含有量が減少します。

ポット型浄水器に採用されている浄水システムは重力式です。水は、カートリッジの中を上から下へと通過して流れます。給水管に接続するタイプの浄水器の場合は、水は水圧によってカートリッジを通過します。

水 がカートリッジ内のイオン交換樹脂と接触することにより、水中の硬度(水アカ)を減らし、家庭の水道管から混入した銅や鉛などの重金属を(水に含まれてい る場合)除去します。また、カートリッジに使用されている活性炭は、塩素や塩素化合物など、水の味を損なう可能性のある物質を除去します。BRITAの フィルターカートリッジに使用されているフィルター素材は、独立機関の検査によって食品級の安全性が認証されています。