BRITAの歴史

BRITAが創立されたのは、45年以上前のことです。当初の製品は、ハインツ・ハンカマーが自宅の庭で、家族とともに手作りで製作していました。それから数年のうちに、ハンカマーはこの会社を、飲料水最適化の分野における革新リーダーへと変身させました。現在では、BRITAの製品は5大陸60か国以上で販売されています。

タウヌスシュタインから世界へ:BRITAのサクセスストーリー

ブリタの歴史は1966年、給水管の水を便利で簡単な方法を使って最適化するという、創業者であるハインツ・ハンカマーのアイデアから始まりました。その後、ドイツのタウヌスシュタインに本社を置くこの会社は、個人経営から、1000人以上もの従業員を擁する国際的企業へと発展を遂げます。最初の家庭用浄水器は、1970年に特許を取得しました。ハンカマー一家は初期の頃、会社を成長させることに情熱を注いでいました。それから数年のうちに、ハインツ・ハンカマーは、娘の名にちなんでBRITAと名付けたこの会社を、飲料水最適化の分野において革新的なリーダーへ成長させることに成功します。1999年に創業者のハインツが社長に就任すると、息子のマーカス・ハンカマーが代表取締役を引き継ぎます。マーカスは、会社のビジョンの実現に尽力しました。人々の水の飲み方を、持続可能な方法で変えていきます。

このビジョンを基盤に、BRITAはこれまで着実に成長を遂げ、顧客のニーズの拡大に合わせて製品ラインナップを絶えず発展させてきました。今日では、BRITAは家庭用浄水器だけでなく、レストラン業界の大型電気器具や自販機のための浄水ソリューションのほか、提携先である有名企業の家電用統合型浄水システムを提供しています。2011年からは、新設部門のBRITA Vivreau(旧BRITA Ionox)が、革新的で品質の高いウォーターサーバーを販売しています。

BRITAの革新の歴史

飲料水の最適化における革新リーダーのBRITAと、その歴史が一目で分かります。.

概要(PDF、英語版)
タウヌスシュタインから世界へ

BRITAのサクセスストーリー:ある浄水器が、世界60か国以上で販売されるようになるまで。.

BRITAのサクセスストーリー(PDF、英語版)